飲食店の多くが利用するタオルウォーマーと中古厨房機器について

お店に入り客席に着くとおしぼりや水、メニューなどを店員さんが持って来てくれます。熱くなっているおしぼりは厨房機器の一つでもあるタオルウォーマーで温めているものです。 厨房機器と言うと厨房で利用する設備機器、料理を作るための設備などのイメージを持つ人は多いかと思われますが、中古厨房機器を取り扱っているお店のホームページを利用すると、お店の中で利用するすべての設備機器を見つける事が出来ます。尚、おしぼりを収納出来る本数は設備機器に応じて変わるので、お店の規模で収納本数やサイズを考えておくのがお勧めです。

収納数が多くなると電気代も多く掛かります

タオルウォーマーには15~25本程度のおしぼりを収納出来るタイプもありますし、65~75本などのおしぼりを収納出来るタイプ、中には300本近いおしぼりを収納出来るタイプなどもあります。お店の規模に合わせて選ぶのが大切です。利用頻度が少ないお店など、大型タイプを購入した場合、設置スペースの無駄や電気代の無駄にも繋がります。 大型タイプは短時間で大量のおしぼりを温めるなどのパワーを持つので電気代も多く掛かるわけですから、お店の規模との比較は重要なポイントです。また、扉は前開きタイプと横開きタイプなどの種類があるので、設置場所に合うタイプを選びましょう。 中古厨房機器のお店には、色々な種類のタオルウォーマーが用意してありますが、欲しい商品が見つかった時には早めに連絡がお勧めです。

タオルウォーマーの中古品を選ぶ時のポイントについて

飲食店に欠かせないタオルウォーマーを中古品で選ぶ時には信頼出来るお店を選ぶ事が基本です。中古厨房機器は過去にお店で利用していた製品で、信頼出来るお店なら買い上げた後の修理やメンテナンスをしっかりと行っているなど、安心して利用が出来るからです。 最近は、中古の厨房機器をネットの中で紹介している会社も多くなっていますが、製品毎に写真が掲載してあり、傷や汚れなどがある製品についても、程度を確認するための写真が掲載してあります。尚、厨房機器の中古品の中には保証期間が設けられているケースもあります。保証期間内に故障した時には無料で修理をして貰えるなどの安心感もあるなど、おしぼりを温めるための設備についても1年保証などが付いている製品や保証を行っている会社を選ぶのがお勧めです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加