炊飯器を中古厨房機器のお店で選ぶ時のポイントについて

おいしいご飯を食べる事が出来る飲食店は評判が高くなります。おいしいおかずとご飯は日本人にとって最高のごちそう、どちらかが欠けてもお店への集客は変わるなどと言われています。ご飯を炊く時に利用する炊飯器は飲食店にとって欠かせない厨房機器ですが、大きく分けるとガス式と電気式になります。 昔は、ガス式タイプを利用する家庭も多くありましたが、取り扱いが面倒、電気の方がガスよりも安全性などの理由から、現代においては電気式が一般的です。しかしながら、業務用の場合は電気式とガス式の両方が健在であり、中古厨房機器のお店などでもガス式と電気式を個別に紹介しているケースが多くあります。また、お店の中で利用するので、大型タイプに人気が集まっているなどの特徴もあります。

ガス式と電気式の違いにとそれぞれの特徴について

業務用炊飯器はガス式タイプと電気式タイプの2種類があります。ガス式は文字通りガスを使ってご飯を炊き上げる厨房機器ですが、都市ガス、プロパンガスなどを燃焼させて炊き上げるのが特徴です。ガスの種類に応じて使えるものが変わるのもガス式タイプの特徴です。中古厨房機器のお店でガス式タイプを選ぶ場合は、お店で利用するガスの種類に適合しているか否かを確認するようにしましょう。 都市ガスの場合は地域による違いはありませんが、プロパンガスの場合は地域によりガスの種類が異なるため、ガスの種類との照合は必須です。尚、ガス式タイプの場合は電気式よりも火力が強いなどの特徴があります。火力が強い分、炊き上がりまでの時間が短くなるので、定食屋さんや丼物を提供する飲食店などにお勧めです。

電気式の最大のメリットは安全性です

中古厨房機器のお店に行くと、色々な炊飯器が販売してありますが、電気式の炊飯器はガスと比較すると、安全性が高い、ガスよりも火力自体が弱いので炊き上がりまで若干長く掛かるなどの特徴を持っています。しかし、ガス式タイプの場合は、ガス管を接続する関係上、設置場所が限定されてしまいますが、電気式タイプの場合は電源コードの抜き差しで利用が出来るため、場所を選ばないなどのメリットもあります。また、電子式タイプの場合はガス式よりも細かな温度調整が出来るメリットもあります。 温度調整により、おいしいご飯を炊く事が出来るなどからも、人気が二分しています。ちなみに、光熱費については電気式タイプよりもガス式タイプの方が安上がりなどからも、早くご飯が炊ける、光熱費を節約したいオーナーさんからの人気を集めています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加