製麺機を購入するなら中古厨房機器がベストです。

会社員が独立する際に最も人気があるのは飲食業です。飲食業の中でもラーメン店が人気があります。マスコミなどで紹介されていることも理由ですが、それとともに「とっつきやすい」ということがあります。 開業する際に困るのは資金です。すべての独立は資金が壁になって思うように開業できないケースがほとんどです。飲食店は資金が多く要する業種ですが、その理由はお店内外装を作るのにかなりの金額がかかるからです。ですから、厨房器具は中古厨房機器を使うのが理想です。もちろん資金に余裕がある人は新品でも構いませんが、そうでない人は中古で十分に間に合わせることができます。

ラーメン店を開業する際に考えなければいけないこと。

ラーメン店はマスコミなどで取り上げられることも多いですから、新たに独立を考えている人には人気の業種です。しかし、注意が必要なのは「人気がある」ということはそれだけ競争相手が多いことでもあります。サラリーマンにとって一国一城の主になる独立は夢ですので資金を集めて開業したなら、そのときは感動するくらいうれしいものです。 しかし、少し視点を変えて考えてみますと、「開業するのは簡単」なのです。お金さえ用意できたなら誰でも開業することはできます。問題は継続することです。実際に、開業した人の5割の人は5年以内廃業の憂き目に遭っています。大切なことは継続することで、そのために創意工夫をすることが重要です。

大切なことは継続するためにどのような工夫をするかです。

開業する際に理想の形は全くお金をかけずにお店を始めることです。しかし、そのようなことはあり得ませんから、次に考えるのはできるだけ費用を抑えてお店を構えることです。そのための方法の一つが中古厨房機器を使うことですが、リスクを低くするという意味では理に適ったやり方で軌道に乗って資金に余裕ができてから新品に変えればよいのです。 ラーメン店において差別化を図るなら麺も自家製にするのも一つの方法です。麺を自家製にするあと一つのメリットは原価率を低くできることです。製麺所から仕入れるよりもかなり安く麺を作ることができますので利益を増やすことができます。 そして、製麺機にも中古のものがありますのでそれを使うのが理想です。初めての人は「難しい」という先入観がありますが、誰でも簡単に作ることができますので挑戦する価値があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加